サマンサの買取ってブックオフでできるの?調べてみた!

SamanthaThavasa(サマンサタバサ)はバッグ、小物、アクセサリーなどが、若い女性に人気のブランドです。

 

かわいくて、カジュアル、キュートなアイテムは、プライベートにも、オフィスにもぴったり!
海外の会社のようですが、実は、1994年、寺田和正が立ち上げた日本の会社です。

 

価格はリーズナブルですが、良い素材を使っているため中古品も人気があります。

 

でも、わたしが使っていたこのバッグ、買い取ってもらうなら、いくらくらいで買い取ってもらえるの?
その方法は?

 

そんな疑問に答えるよう、調べてみました。

 

ブックオフで売れるか調べてみました!相場はどれくらい?

あなたの街にもきっとある、ブックオフ
こちらで買い取ってもらえるでしょうか?

 

基本的にはokです。

 

ただし、すべてのお店で、という訳ではありません。
店舗によって、洋服、服飾雑貨、ブランド品の扱いがないこともありますので、確認してから売りに行きましょう。

 

持ち込みの手数料は無料ですが、売るためには本人確認の書類が必要です。
また、売る人が18歳未満の場合は、保護者同伴のうえ、保護者の本人確認の書類も必要です。

 

どのくらいの値段で買ってもらえるかは、状態によって違います。

 

高く買ってもらうコツは、できる限りキレイな状態で持っていくこと。
箱や付属品がなくても買い取ってもらえますが、汚れやニオイはなるべく残っていないよう、磨きあげて行きましょう。

 

サマンサを売るならどこがオススメ?

 

ブックオフで売る以外にも、いくつかの方法があります。

 

フリマアプリ

まず、お手軽なのが、フリマアプリ。

 

フリマアプリのメリットは、スマホ、タブレットがあれば簡単に出品できて、現金化も簡単なこと。

 

また、売る人と買う人が直接コメントをかわすことができて、上手にやり取りすれば高値で売ることも期待できること。
匿名性も高く、必要以上に個人情報を出さなくてすむところもメリットです。

 

一方、デメリットは、あまり質の良くない買い手に対応しなくてはならない危険性があること。
出品、コメント対応、発送などを自分でやらなくてはならないので、手間がかかることがあげられます。

 

大手のフリマアプリには、メルカリ、フリル、ラクマなどがあります。

 

メルカリは、利用者が多く、女性のユーザーも多いです。
価格も比較的、高めです。

 

フリルはかつては女性専用でしたが、今は男性もok。
こちらも価格は比較的、高めです。

 

ラクマは、楽天のサービスによるフリマアプリで、手数料が無料、クレジットカードによる決済が可能です。

 

買取サイト

次に、買取サイトを利用する方法があります。

 

買取サイトのメリットは、手間がかからずすぐに売れること
また、販売には関わらなくてよいので、安心で簡単、トラブルもありません。

 

デメリットは、買取サイトの利益や経費が引かれるため、買取価格が低めになることです。

 

一般的な買取の手順は、ネットから申し込み→梱包、集荷依頼(荷物を取りに来てくれます)→査定→買取決定、またはキャンセル、となります。

 

査定価格に納得がいかずキャンセルする場合、キャンセルした物の返送料が利用者負担になるサイトもありますので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

 

ブランディア、ブランドゥール、ジュエルカフェなどが代表的な買取サイトです。

 

ブランディアは、ネット買取がメインの宅配買取サイトです。
荷物が到着してから通常1〜3日で査定が可能です。

 

ブランドゥールは、電話、ネット、ラインでも査定ができます。宅配買取、店頭買取が可能です。

 

ジュエルカフェは、査定、宅配、手数料が無料です。
日本全国の駅前や大型商業施設などに200店舗を展開していて、店舗に持ち込めば10分で現金化することもできます。

 

買取サイトで高く買ってもらうコツは、まずブックオフで売るときと同じように、なるべくキレイな状態にしておくこと
さらに、外箱、保存袋、タグ、保証書、説明書などの付属品がそろっていると、高値が期待できます。

 

まとめ

いかがでしょうか。
どの売り方にも、メリット、デメリットがあります。

 

自分がいちばん納得できる方法を選んで、賢く売りたいものです。

 

そして、あなたが大切に使ったバッグやお財布が、また誰かの大切なものになる、そんなすてきな出会いがあると良いですね。

 

 

トップページ:サマンサ買取ランキングはこちら>>